お知らせ

9月12日までの自粛について

各クラス保護者・コーチの皆様
いつもお世話になり有り難うございます。
日々チーム運営に多大なるご理解とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
収まる気配どころか感染の一途を辿り、若年層に猛威を振るいつつある憎き新型コロナウィルスで身近な方々が感染後、重症化されたり亡くなったりと今まで以上に身近に感染の脅威が迫っているような気配。
大阪府下では保育園、小中高生の感染、家族全員の感染などが本当に凄い勢いで増加しています。特に若年層の重症化についても今までのピークに比べ6倍とその数は日ごとに増加しているという情報もあり、
コロナに感染した若者の後遺症なども様々取りだたされています。
今月31日をもって解除される見通しだった非常事態宣言は、予想と大きく異なり47都道府県に迫る勢いで拡大され、誠に残念ながら9月12日までの延長が決まりました。
今後のスポーツ・文化事業もさることながら通常生活や経済活動にも大きな影響があると思われ、お仕事に影響が出ているご家庭もあるのではとお察し致します。

我々ファイティングビーは直近の宣言で自粛か活動継続かを大きく悩み揺れました。一緒に活動頂いている住吉川スコーピオンの皆様にも本当に申し訳ない気持ちで一杯です。
他の球技やクラブ活動、地域行事など通常の活動をしているところもあり大きな矛盾を禁じ得ませんが、我々チームとしてこのコロナ感染が今後、チームの選手や保護者の皆様に与える影響など考えれば
様々な数字が最悪を更新し続ける中、どうしても活動継続を選択することが出来ませんでした。
保護者の皆様や選手諸君には、度重なる活動自粛をお願いする度に申し訳ない気持ちで一杯です。
何処まで我慢すれば明かりが見えるんだろう?ここまで来たら絶対に練習しないとシーズン中の怪我も心配などと何度も自問しCoachとも意見交換し常に悩みに悩んでどちらか結論を出さねばならない状態が続いています。
働き盛りのお父さんやお母さん世代の感染拡大と重症化、自宅療養者数の拡大、医療逼迫度合いなどに加え若年層の感染拡大。更にワクチン接種後の高齢者の感染も含め大阪府下の感染状況を踏まえ、
我々の活動が万が一にもご家庭での感染拡大や重篤な状況に直結したら後悔では済まされません。
今回も本当に断腸の思いで、さらなる練習自粛を決定致しました。誠に申し訳ありません。
シーズン直前のリーグ代表者会議が13日に実施され2021年度シーズン方針が出される予定です。今のところ安全を配慮しながら日々状況を踏まえ開催される事となります。
各チームの活動状況など意見交換、あるいは試合の方向性なども話し合われます。
12日の宣言解除翌日、その会議が終了した時点で改めてご報告とご案内を申し上げます。
各ご家庭におかれましては日々感染予防徹底にご尽力頂いている事と存じます。
本当にありがとうございます。
まだまだ、油断大敵です。対策を継続し徹底励行いただきまして、くれぐれもご家族皆様ご自愛下さい。
何度もこのようなご報告しか出来ない状況ではありますが、どうかご理解頂きますよう心よりお願い申し上げます。

千里ファイティングビー 三井 啓史

ページ上部へ戻る